Coming Soon.


 

ボンズールジャポン61号2017年2月10日発行

  • Bimestriel gratuit
  • Mars 2017
  • ボンズールジャポン61号
  • 2017年2月10日発行

61

  • Office de Tourisme de Metz
    取材協力/Office de Tourisme de Metz

Bonne Année 2017!明けましておめでとうございます。
今年もボンズール・ジャポンを益々ご愛顧賜りますよう、宜しくお願い致します。
年明け早々、寒いですね!かたやフランスでも、今年は厳しい寒さになると昨年の暮れには囁かれていた通り、非常に寒い冬となったようです。これからご旅行へ行かれる方も、ぜひダウンジャケットなど真冬の装備でお出かけになることをお勧めします!さて、今回のボンズール・ジャポンは、パリから東へ約290㎞に位置するロレーヌ地域圏の首都ナンシーと、ナンシーから約50㎞北に位置するメッスを前後編でお送りするロレーヌの旅の後編号として、日本人の方にはまだまだ馴染みの浅い…しかし、見どころ満載の穴場都市メッスをご紹介します。ナンシーと同じく、ドイツ領として長く支配を受けた歴史を持つメッスは、ドイツ建築とロレーヌ建築が入り混じった独自の建築群を持つ街並みとして知られています。そこへ、日本人建築家・坂茂とフランス人建築家・ジャン・ドゥ・ガスティーヌを中心とした日仏共同チームの手によるポンピドゥーセンター・メッス館が2010年にオープン。2018年にはフランスを代表する建築家・フィリップ・スタルクによるメッスの建築史をリスペクトした斬新なホテルもオープン予定と、ますます建築好きには堪えられない街へと進化を続けています。正直、訪れるまであまりピンと来ていなかった私も、もしかしたらナンシーを超える魅力を発見してしまったかも?そんなメッスを丁寧にご紹介します。

2016年12月 ボンズール・ジャポン編集長 猫沢エミ

  
        xxxxxxxxxxxxx

猫沢エミ Emi Necozawa ミュージシャン、フランス文化に特化したフリーペーパー『BONZOUR JAPON』編集長、文筆家、映画解説者。1996年、コロムビア・トライアドレーベルよりシンガーソングライターとしてデヴュー。2002年の渡仏後は、フランス文化に根ざした活動を多分野で展開。2007年より『BONZOUR JAPON』の編集長を務め、現在はフランスと日本を往復する生活。『パリ季記』(地球丸)『パリ通信』(主婦の友社)『猫と生きる。』(辰巳出版)『フランスの更紗手帖』(パイ インターナショナル)など、著書多数。


大切な人と過ごすマレ

NEWS!

2月22日(水)RENEWAL OPEN
NÎMES京王百貨店新宿店

3月中旬予定 OPEN
LA MARINE FRANÇAISE
グランフロント 大阪店

4月17日(月)OPEN
LA MARINE FRANÇAISE H
タカシマヤ ゲートタワーモール 名古屋店

Copyright : 2017 BONZOUR JAPON Allright Reserved